弊社を騙ったフィッシング詐欺について

弊社の運用するグラマシーニューヨークオンラインショップからの送信を装ったメールが送られているとの事案が報告されております。

以下の件名など類似するメールを受信しましたら、添付ファイルやリンクを「開かずに、削除」いただきますようお願いいたします。

件名:
MADISON AVENUE マディソンアベニュー [MA-50] 期間限定セールキャンペーン開催中!なんと90%off
[ GRAMERCY ] NEWYORK 90%off 限定商品のご案内

万が一、リンクを開いてしまった場合も、情報は入力せずに画面を閉じていただきますようお願いいたします。
決して個人情報を入力されたりなさらぬよう、ご注意ください。

また、リンク先のページよりご購入を完了されたお客様がいらっしゃる場合は
ご利用カードの発行元へご報告いただき、カードの停止をしていただきますようお願い申し上げます。

カード情報漏洩とフィッシング詐欺につきましては、全く別の事象となりますが、
グラマシーニューヨークオンラインショップのお客様にも同様手口のメールが送付されていると報告がございましたため、調査を進めております。
調査の結果、本件では、悪意のある第三者が、メーリングリスト送付機能を無断で操作して偽メールを送付したということが判明しましたが、メールアドレス自体の流出は確認されておりません。引き続き、フィッシング詐欺につきましてはご注意をお願いいたします。

フィッシング詐欺について


フィッシング詐欺とはショッピングサイトや金融機関を詐称したメールを送りつけたり、偽のウェブページへ接続させたりといった方法で、インターネットの利用者から、経済的価値のある情報を盗み出す詐欺のことです。

フィッシング詐欺に関する対処方法や被害にあった場合の連絡先などの情報を掲載させて頂きます。

(1)相談窓口 消費生活センター
http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

(2)銀行、クレジットカード会社、ショッピングサイトなどの注意喚起
(社)日本クレジット協会
https://www.j-credit.or.jp/customer/attention/attention_02.html
三井住友 VISA カード
https://www.smbc-card.com/nyukai/magazine/security/phishing.jsp
JCB
https://www.jcb.co.jp/security/phishing.html

(3)行政機関等
警察庁 フィッシング 110 番
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/kurashi/cyber/security/cyber406.html
総務省
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/enduser/security01/05.html

弊社を騙ったフィッシング詐欺についての、ご質問とご回答


Q.フィッシング詐欺とカード情報漏洩は関連しているのか?

A.カード情報漏洩とフィッシング詐欺につきましては、全く別の事象となります。
グラマシーニューヨークオンラインショップのお客様にも同様手口のメールが送付されていると報告がございましたため、調査を進めております。
調査の結果、本件では、悪意のある第三者が、メーリングリスト送付機能を無断で操作して偽メールを送付したということが判明しましたが、メールアドレス自体の流出は確認されておりません。引き続き、フィッシング詐欺につきましてはご注意をお願いいたします。

Q.ページは開いてしまいましたが、特になにも入力していません。実害はありますか?

A.ページを開いただけで、クレジットカード番号や個人情報を入力、送信していなければ実害はありませんので、ご安心ください。

Q.偽装されたサイトにクレジットカード番号を入力してしまった。どうしたらよいですか?

A.お手数ですが、至急発行元のカード会社にご連絡いただき、カードの停止と再発行をご依頼ください。
ステップ1:コールセンターへ連絡
フィッシングサイトにてクレジットカード番号を入力してしまった場合、または「対象となる取引」でご利用にお心あたりのない請求がございましたら、ただちに「クレジットカードの裏面」に記載されているコールセンター、又は「ご利用明細書」に記載されているコールセンターへご連絡ください。
ステップ2:調査
お電話口ですぐに不正利用が確認できた場合は、すぐに利用は取消されますが
調査内容によっては、カード会社から所定の書類を提出依頼される場合もございます。その際には当社にてサポートさせていただきます。
カード会社の調査の結果、第三者による不正使用と認められた場合は全額返金されますのでご安心ください。
参照元:http://www.cr.mufg.jp/member/service/basic/use/security/approach/amends/

Q.フィッシング詐欺の被害にあった場合、警察に届け出た方がよいですか?

A.はい。警視庁がフィッシング110番というサイトを用意しておりますので、こちらの情報を元に所轄の警察署などに届け出ていただくことを強くお勧めいたします。
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/kurashi/cyber/security/cyber406.html
まずは、クレジットカード会社にご連絡をいただき、不正な請求をされないようにカードの停止をおこなってから、警察に届け出ていただく形をお勧めいたします。